WASHOKU GYOKUSENTEI

和食玉泉邸

玉泉邸

玉泉園の歴史あるお庭を借景に、風情ある時間とお料理を。

gyokusentei

玉泉邸について

兼六園よりさらに歴史の深い「玉泉園」を有する日本料理店で、その素晴らしいお庭を愛でながらお料理を楽しむことができます。昼もお庭がはっきりと見えてステキですが、ライトアップされた夜も幻想的で素晴らしいものです。庭園の最上段には、金沢最古の茶室「灑雪亭」もありますから、お食事前に散策するのも良いでしょう。

散策の楽しみ

園内には灯篭の数が50近くあるのですが、その中でも珍しいのが「隠れ切支丹灯篭(きりしたんとうろう)」です。灯篭の脚の下部に、聖母マリア像が刻まれ、その部分を植え込みで隠してあります。当時隠れキリシタンであった脇田直賢氏が、藩の石工に造らせたものなのだそうです。一見の価値ありです。

季節や伝統を重視した料理

お料理は、移り変わる季節や伝統行事を重視した会席料理で、料理長のメッセージや遊び心が大いに感じられるはずです。
名物は、絹のように滑らかな舌触りに仕上げた茶碗蒸しの上に、泡にした魚介スープをのせた「魚介スープの泡のせ羽二重蒸し」です。泡は能登の冬の風物詩「波の花」をイメージしてあり、ふわふわと雪のように海岸を舞う情景の通り軽やかで、日本海の底力を感じる味わいです。

玉泉園

玉泉園は、兼六園の樹木を背景として、崖地を利用した上下二段式の池泉回遊式庭園で、敷地面積は約720坪もあります。歴史は今から約400年前の江戸時代初期に遡ります。加賀藩士前田藩の重臣である脇田家の庭園として、初代直賢から4代九兵衛までの約100年をかけて完成させており、庭の名前は、加賀藩二代藩主前田利長の正室である玉泉院に由来しています。

PAGETOP
東山のオーベルジュ 薪の音 金澤
〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目15-14
076-252-5125(受付時間:10時〜20時)
kanazawa@makinooto.co.jp