WASHOKU GYOKUSENTEI

和食玉泉邸

玉泉邸

玉泉園の歴史あるお庭を借景に、風情ある時間とお料理を。

寄稿:フードアナリスト雅珠香(あすか)

gyokusentei

玉泉邸について

兼六園よりさらに歴史の深い「玉泉園」を有する日本料理店で、その素晴らしいお庭を愛でながらお料理を楽しむことができます。昼もお庭がはっきりと見えてステキですが、ライトアップされた夜も幻想的で素晴らしいものです。庭園の最上段には、金沢最古の茶室「灑雪亭」もありますから、お食事前に散策するのも良いでしょう。

散策の楽しみ

園内には灯篭の数が50近くあるのですが、その中でも珍しいのが「隠れ切支丹灯篭(きりしたんとうろう)」です。灯篭の脚の下部に、聖母マリア像が刻まれ、その部分を植え込みで隠してあります。当時隠れキリシタンであった脇田直賢氏が、藩の石工に造らせたものなのだそうです。一見の価値ありです。

季節や伝統を重視した料理

お料理は、移り変わる季節や伝統行事を重視した会席料理で、料理長のメッセージや遊び心が大いに感じられるはずです。
名物は、絹のように滑らかな舌触りに仕上げた茶碗蒸しの上に、泡にした魚介スープをのせた「魚介スープの泡のせ羽二重蒸し」です。泡は能登の冬の風物詩「波の花」をイメージしてあり、ふわふわと雪のように海岸を舞う情景の通り軽やかで、日本海の底力を感じる味わいです。

玉泉園

玉泉園は、兼六園の樹木を背景として、崖地を利用した上下二段式の池泉回遊式庭園で、敷地面積は約720坪もあります。歴史は今から約400年前の江戸時代初期に遡ります。加賀藩士前田藩の重臣である脇田家の庭園として、初代直賢から4代九兵衛までの約100年をかけて完成させており、庭の名前は、加賀藩二代藩主前田利長の正室である玉泉院に由来しています。

夕食を「玉泉邸」で宿泊ご希望の方

  1. 01

    宿泊予約

    夕食付きプランで
    宿泊予約

  2. 02

    夕食のご希望

    予約時に
    第一希望として、
    備考欄に「玉泉邸」と
    記載してください。

  3. 03

    確認後ご連絡

    ご予約確認後
    当施設より
    折り返しご連絡
    いたします。

夕食付きプランで予約する
special thanks
雅珠香さん
フードアナリスト雅珠香(あすか)プロフィール

金沢を中心に年間約600軒食べ歩くフードライター、外食文化研究家。
日本フードアナリスト協会認定1級フードアナリスト、SSI認定利き酒師、食の親善大使「食のなでしこ2013」、能登ふぐPR大使初代「のと福来むすめ」、スーパースイーツ調理専門学校特別講師、他講演多数。著書に「あすかりんの新おいしい金沢100店」、「あすかりんのおいしい金沢」、「あすかりんのおいしい能登めぐり」がある。穴水町生まれ、七尾市育ち。

<テレビ出演実績>

BSフジ「極皿〜食の因数分解〜」
フジテレビ「格付けニッポン!」
フジテレビ「にじいろジーン」【ふるさとりっぷ】金沢、能登
日テレ「幸せ!ボンビーガール」築124年の古民家に住む着物愛好家フードライターとして
テレビ朝日「グッドモーニング」【いま知るラボ】金沢の達人としてグルメ紹介
日本テレビ「news every.」の金沢特集「金沢うまいもん探検」にて金沢グルメ解説
テレビ朝日「お願い!モーニング」絶品金沢グルメTOP10
NHK総合「真相回転どいね!?寿司」能登のキモうまグルメ

<雑誌掲載実績>

【NIKKEIプラス】「何でもランキング」金沢土産
【日刊ゲンダイ】「おでかけ出張コンシェルジュ」金沢おでん
健康誌【壮快】「おなかペタンコ最強ダイエット〜年間600軒食べ歩いても太らない!腰ひねりは私のダイエットの強い味方〜」
【女性自身】「フードアナリスト雅珠香の食べまくりダイエット6つの掟」
【MONOQLO】「北陸新幹線トリビア」
PAGETOP
別邸「薪の音 金澤」
〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目15-14
076-252-5125
info@makinooto.co.jp